☆キッチン☆

2021.11.01

☆キッチン☆

こんにちは、nextです。

今回はキッチンの形状についてレポートさせていただきます。

閉鎖的な間取りが多い中古マンションのキッチンのため、形状やレイアウトにより作業効率の向上・家族やゲストとの

コミュニケーションの取り方を考えるポイントになります。

そこで今回は一般的に使用することが多い4つの形状を簡単ですがご説明させていただきます。

 

◎I型キッチンとは、コンロ、シンク、調理台が一列に並んだキッチンのことです。

 横移動だけの動線で作業効率が良くコスト面でもリーズナブルなものが多い。

 また、壁付けにすることで限られた空間でも導入しやすい。

<対面式I型キッチン>

<壁付けI型キッチン>

 

◎L型キッチンとはキャビネットをアルファベットのL字型に配置したキッチンのことです。

 調理の作業効率が良く、コンロとシンクが90度で向かい合うように設置できるので、コンロ、シンク、冷蔵庫の3つの点からなる三角形

「ワークトライアングル」を短く設計できます。

 

◎アイランド型キッチンとは壁から離れて独立しており島(アイランド)のように設置されたキッチンのことです。

 リビングやダイニングに向かってキッチンがあるので、調理しているときもリビングとの一体感を感じることができます。

 四方から囲めることがで複数で作業するのに適しています。

 

◎ペニンシュラキッチンとはキッチン部分が半島(ペニンシュラ)のように突き出ているキッチンのことです。

 アイランドキッチンと同様に対面キッチンなので、キッチンに立つ人の視線がリビング側に向くように設置されます。

 料理中もリビングやダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすいのがメリットといえます。

様々なスタイルの中から理想とされる暮らしのキッチンを選んで下さい。

中古リノベのご相談お待ちしております☆

 

 

【特典付き】来店予約はこちら

ページの先頭へ

Copyright(c) NEXT All rights reserved.